【つながるシェア田】重要文化的景観の熊本県山都町の棚田米をあなたへ

美しい棚田を潤す江戸時代造の石橋「通潤橋」(重要文化財)

この地域に今も残る日本のふるさとの風景を未来へ繋ぎたい

「つながるシェア田」
お申込みフォームはこちら

熊本県上益城郡(かみましきぐん)山都町(やまとちょう)は、つながるキッチン代表中原麻衣子の第二の故郷です。

出会いは、夫の故郷という個人的なこと。しかし今では、この九州の真ん中にある美しい田舎町の何もかもに惚れこみすっかり山都町の応援団となりました。

山都町のシンボルは、山あいの棚田に水を行き渡らせるために江戸時代(嘉永7年|1854年)に作られた石組みのアーチ橋「通潤橋(つうじゅんきょう)」。そしてその下に広がる見事な棚田です。

この地域の棚田が、過疎化と高齢化で一段そしてまた一段減り…山都町の棚田の米作りが存続の危機に瀕していることを里帰りの際、義母との何気ない会話の中で知りました。

東京にいるわたしに何ができるだろうか。

考えました・・・

そして、現実的にできること、それはたったひとつ。「このお米を選び、食べる事」だと思い至りました。

 

消費者がより安いお米、効率的な経済活動を支持していると、こうした棚田での生産活動は続かなくなっていきます。

しかし、それでいいのでしょうか?

自らが食べたい米、そして、家族や友人、つながるキッチンのファミリーの皆さんに、心からオススメできる米。そんな米作りを実現し、この地域とこの景観を未来に繋ぎたい! 人と地球にやさしい米作り、それは、この景観を未来に繋ぐことにつながり、そして皆の『健康への最短近道』ではないか。。。

日本は恵まれているので、病になったとき、健康のありがたみに気付きます。目線を世界に向けてみると『未病』『予防医学』に他国は一生懸命なことをご存知でしょうか。命より大切なのは、「健康」ではないでしょうか。

山都町での我々の米作りは、大昔から伝わっている自然農法、合鴨農法。農薬不使用・化学肥料不使用での棚田米作りは効率の良いものではありません。広大な田んぼではなく、とても狭い一段なのです。効率が悪い農作業、虫や動物との日々の知恵比べ、そして、心を込めた日々のお手入れ。当然安価では売れません。

ただ美味しいお米というだけではなく、この重要文化的景観がある地域で育つ安心安全な最高のお米を作れば、品質だけでなくこの風景や米作りのストーリー、そして生産者たちも含めて好きになってくださるお客様がいるのではないか・・・

自分たちが日々食べるお米が「あの美しい風景で」「あの人たちが日々育ててくれた」ことを嬉しく想い、時々その風景を観に大切な人と訪ねてくれるようになるのではないか・・・


そして、2015年。夢のようなプロジェクト「シェア田」を、熊本県山都町の生産者と一緒にスタートすることにしました。

「つながるシェア田」オーナーに「つながるシェア田」申し込みボタン

~「つながるシェア田」こんな方にオススメです~

おいしいお米に出逢いたい

安心安全なお米を食べたい

玄米が好き

熊本県に縁がある!

熊本地震の継続的支援がしたい

===

◆つながるシェア田 2019募集要項◆

2019年度の募集は終了いたしました!

2015年からスタートした里山の新たな取組『つながるシェア田』。
米作りの農法が、過去から未来につながる・・・
この景観が、過去から未来につながる・・・
この米を食べた人の笑顔がつながる・・・
そんな思いを込めて、『つながるシェア田』と名付けました。(2015年~2018年は『ハートフルシェア田』。2019年度募集より、『つながるシェア田』に改名。)
本取組は熊本県山都町の熱意ある生産者たち×東京「つながるキッチン」による『日本文化的景観認定棚田を守る環境保全型農業の取組』です。現オーナーのお力添えにより、以下の通り耕作放棄地が復活を遂げ、熊本地震後は益々厳しい状況となり、精一杯の現状維持に励みつつ、少しずつ山都町での賛同者も増え、生産者と消費者を繋ぐべく、エリア拡大に努めております。
  • 2015年(初年度) 「30a」復活!
  • 2016年 「20a」復活!(一部熊本地震・記録的豪雨による被害あり) 
  • 2017年 震災復興途中のため、現状維持!
  • 2018年 白糸の潤い「10a」拡大!合鴨の恵み「15a」拡大&生産者増員!

 

◆私たちが「つながるシェア田」に取り組む目的

①日本が誇る重要文化的景観である認定棚田とその地域を「未来に繋ぐ」。

環境保全型農業(=循環型農業)により、地球にも人間(ヒト)にも優しい農業を実現

20164月熊本地震 復興継続的支援

◆「つながるシェア田」コンセプト

新たな里山の取り組み『つながるシェア田』は、『“愛”をシェアする。』が最大のコンセプト。

熊本県山都町には、町のシンボル国指定重要文化財『通潤橋』(水路橋)があり、その周りに広がる絶景こそ日本文化的景観棚田風景。この景色を未来に繋ぐことを目的とし、自然界で起こる良い時もそうでない時も、苦楽を共にし、「おいしい」と「健康」をシェアします。

日本重要文化的景観『通潤用水と白糸台地の棚田景観』*農林水産省ホームページより*

http://www.maff.go.jp/j/nousin/sekkei/museum/m_keikan/tuzyun/

◆「つながるシェア田」生産者

山都町生産者

山都町生産者の皆さまとオーナー達でお田植ツアー!(2018年春)

完全無農薬・無化学肥料にこだわり、生産者松川陽一と三浦祝弘とその仲間が、育てて参ります。松川は3児の父。三浦は1児の父。山都町の米作りを背負って立つ、熱い情熱を持った二人!

*生産者も募集中!(山都町白糸地区・菅地区にお住まいの方)

◆主な作業

耕起・代かき・田植え・除草・水管理・稲刈り・脱穀・籾摺り・精米・保管・配送

「つながるシェア田」オーナーに「つながるシェア田」申し込みボタン

◆つながるシェア田の自慢のお米

1.合鴨の恵み <松川陽一>

山都町農家 松川陽一さん

合鴨米。循環型農業による、完全無農薬・無化学肥料。

合鴨農法とは

田んぼにアイガモを放し、無農薬・無化学肥料で米を作る農法です。化学肥料、農薬の不使用による安心安全な米、化学肥料による稲の弱体化を回避出来、病虫害の低減を図れます。

合鴨ちゃんって、どんな働きをするの?

つながるシェア田の合鴨ちゃん

・除草効果:雑食性を持つ合鴨ちゃんが雑草を食べるので、草取りのために用いる除草剤が不要!

・中耕効果:合鴨ちゃんが泳ぐことにより、土が攪拌され根を刺激し、肥料分の吸収が良くなる。また、田を掻き回すと水田内に酸素を補給すると共に、常に水を濁し水温を上げ稲の成長を助けてくれる。合鴨ちゃんが動くことで常に稲へ刺激が与えられ、株張の良い茎太でしっかりした稲をが育つ。

・害虫防除効果:稲や水田内にいる虫を好んで食べるので殺虫剤不要

・肥料効果:合鴨ちゃんの排泄物が稲の養分となり、有機肥料となって稲の成長に役立つ

 

2.白糸の潤い <三浦祝弘>

山都町農家 三浦祝弘さん

循環型農業による、完全無農薬・無化学肥料。

田んぼで取れたワラ・もみ殻・米ぬか・ワラを食べた牛の堆肥や、竹の粉を田んぼに戻し、雑草を除去してくれるタニシを入れ、除草剤不使用!九州ですが、東北と変わらない虫も死ぬ朝晩の冷え込みだからこそ、実現できる昔ながらの米作りで無農薬・無化学肥料にこだわり、地球にやさしい循環型農業を実現。


◆品種

ヒノヒカリ

◆場所

熊本県上益城郡山都町(阿蘇くまもと空港から約1時間半のところにある九州山脈の麓)

◆保管方法

低温倉庫保管

◆精米方法

こだわりの循環式精米

◆精米歩合

玄米・五分・七分・白米

*いずれか選択、途中変更可。

◆配送コース

年12回(毎月)・年6回(2か月おき)・年4回(3か月おき)*いずれか選択

◆1袋量

5kg/袋

◆農作業期間

2019年春~秋

◆配送期間

2019年度新米収穫後から1年間(2019年11月~2020年10月)

◆配送日(休日の場合翌営業日)

年12回プラン:毎月10日。

年6回プラン:奇数月毎月10日。

年4回プラン:11・2・5・8月の毎月10日。

◆価格(税込)

農業委託料・米(月5kg×契約月)・精米料・配送料など含む。

銘柄 生産代表者 年12回
(年間60kg)
年6回
(年間30kg)
年4回
(年間20kg)
合鴨の恵み 松川陽一 90,000円 51,600円 38,400円
白糸の潤い 三浦祝弘 84,000円 48,000円 36,000円

*米量は、玄米量。分付き米および、白米ご希望の場合は、精米により糠が引かれた量のお届けになりますので予めご了承くださいませ。

 

つながるシェア田の特色<重要>

「喜び」も「痛み」もシェアする

契約年の翌年11月新米(2合)を感謝を込めてプレゼント!(2019年度産にご契約いただくと、もれなく2020年度産の新米(2合)が届く。)
天災や昨今の異常気象等により予定通り収穫できない可能性もゼロではありませんことご承知おきください。万が一、収量が満たなかった場合は同じ地区(白糸地区)の“無農薬米”にて還元させて頂くことをお約束します。

稲の成長など、田んぼの様子をメールマガジンにて配信

あなたの棚田の様子がリアルタイムでわかります。

事務局より、年に2回の感謝のプレゼントつき!

内容は毎年異なります。

現地に足を運び農作業する必要はございません

現地ではプロの生産者たちの手によって日々お世話していきます。田んぼを見たい・農作業を体験したい方は一年中いつでも大歓迎!
(中原は、年に数回足を運んでいます。ご希望の方はいつでもお気軽にご相談くださいませ。)

田植えツアーあり(希望者のみ)

 

◆〆切

20193月末 *作付け可能量に達した時点で〆切とさせて頂きます。(先着順!)

◆お申込みフォーム

★複数契約ご希望の場合は、複数回のエントリーをお願いいたします。
1契約ごとのお申込みとなりますので、ご了承ください。



登録情報と同じ(住所も電話もこれまでと同じ方はチェックをして頂ければOKです)


電話番号:


無農薬米「合鴨の恵み」(年12回|60kg)¥90,000無農薬米「合鴨の恵み」(年 6回|30kg)¥51,600無農薬米「合鴨の恵み」(年 4回|20kg)¥38,400無農薬米「白糸の潤い」(年12回|60kg)¥84,000無農薬米「白糸の潤い」(年 6回|30kg)¥48,000無農薬米「白糸の潤い」(年 4回|20kg)¥36,000


玄米五分づき米七分づき米白米


お名前


受取人電話番号:


「つながるシェア田」ご契約者様にはもれなく、棚田の情報をメルマガでお送りしますが、配送先など、契約者メール以外にも送ってほしいというご希望がありましたら以下にお書きください


(3件以上ある場合は、メッセージ欄にメルマガ送付希望と書き、アドレスを入れて頂ければ対応します)


©  つながるキッチン All Rights Reserved.
PAGE TOP